Main menu:


サイト内検索

カテゴリー

バックナンバー

コメント

トラックバック


01.業務案内>>ビジネスブログ活用

 
■御社のホームページをビジネスブログに。
 既に多くの企業やお店においてホームページをオープンされていることと思います。
 大手企業から安定した下請け業務の発注があるとか、お店自体が賑わっていて今更、ホームページを利用しての新規案件や新規顧客の開拓は必要ない…などという場合は、ホームページと言っても会社の業務案内、求人情報、あるいはお店へのアクセスマップや営業時間の案内だけで構わないかもしれません。

 しかし、企業もお店も成長あっての事業継続です。ホームページやインターネットに多かれ少なかれの期待を持っていると思います。

 弊社では従来のホームページを一歩進めて、ビジネスブログにリフォームする事をお薦めしています。

 


 



■ビジネスブログとは
 まず、ブログとは何でしょう。ブログとはインターネットにおける日記の様なものという説明が多く使われます。
 芸能人や著名人が情報を発信するのに使われている「日記」として有名ですね。
 このブログにはそれだけでなくRSSやFEEDといったものを使って、日記を更新すると知り合いやインターネット上のブログの更新状況を監視するサーバーやYahooやGoogleなどの検索エンジンにその更新状況を伝えるなどの機能を持っています。さらに日記に対して別の日記で返事を書けばこれが返事を書いた対象の日記に伝わり、自動的に相互リンクされるなど、一時期「WEB2.0」などのキーワードで語られた、インターネット上の日記と日記を関連させあう優れた機能です。

 さて、ビジネスに使うビジネスブログと呼ばれるものは実は2つあります。

 1)会社・企業内で限定的に使うもの
 会社内部での営業や開発現場などで報告、情報交換、情報共有などを行うには、紙ベースのものから一歩進めて「IT化」しようとすると、高価な「情報システム」が必要でした。
 しかし、「ブログ」という日記システムは「日記」という報告書をベースに簡単に情報を公開したり、共有したり、過去の情報を検索する事ができます。
 新しいプロジェクトが立ち上がっても、専門のホームページ業者や情報システム会社を使ってシステムの改造などの大掛かりな事をすることなく、メニューから新しいカテゴリの登録やユーザーの登録を社員ご自身で行うことができ、スピーディかつ安価に対応出来ます。

 実際には社内向けビジネスブログとして使うには一般的なブログ(MovableType,WordPress等)ではなく、グループとしての利用を優先したもの(OpenSNS、XOOPS等)が、より適しています。

 2)社外向けホームページとして使うもの 

 いわゆるホームページで新規案件や新規顧客の開拓を狙う場合、「ホームページのアクセス数を上げるには?」という事が話題になります。
 ホームページのアクセスを上げるには「YahooやGoogleなどの検索エンジンで上位に表示される事」、そして「検索エンジンと連動したキーワード広告に登録して広告を表示させる事」がまず基本です。

 ただし、実際には現在では有象無象の様々なホームページが存在し、たとえホームページを作成した時には上位に表示されても数カ月もたてばインターネットの荒波の中に呑み込まれ、いつしか検索エンジンでも目立たなくなってしまいます。また、キーワード広告も広告料金をかければ効果は出ますが、業務に直結したシンプルなキーワード(ラーメン、中古車など)では広告料金ばかりかかって仕方がありません。

 そこで「ロングテールキーワード」が重要になってきます。
 たとえば貴方の店が「松戸駅に程近いラーメン屋さん」だったとしましょう。普通にお店の飲食メニューや駅からのアクセスマップ、営業時間を掲載し、いくつかの重要なキーワードをホームページに掲載したとしましょう。この場合、検索エンジンで検索結果に表示されるにはお客様がうまい事、「松戸
ラーメン屋」などと打った時に限られてしまいます。
 最近、オンラインショッピングのサイトなどを見ると店長の日記などをよく見かけると思います。

 店長の日記には貴方のお店以外の情報も色々と掲載される事になると思います。たとえば「今日は帝釈天で祭りがあった」とか「外環の松戸インターがそろそろ開通しそうだ」とか「息子が小学校の入学式だった」とか。ここで「帝釈天の近くの小学校に外環で行きたい」人が検索エンジンで「帝釈天
小学校 外環
」と検索すると、貴方のブログが検索結果となって現れる可能性が高くなる訳です。
 ロングテールキーワード:検索エンジンで上位に表示、キーワード広告などによりアクセス数を上げる方法を恐竜の本体とするならば、希少な検索結果の積み重ねを恐竜の尻尾、すなわちロングテールに例えている訳です。

 さて、会社やお店で日記(ブログ)をやる事により、ロングテールでのアクセスを増やせたとしても、それが本業に結びつかなければビジネスブログとは言えません。
 多くの店長日記や社長の日記ではホームページはホームページ、日記は日記と別々になっている場合が大半です。そこを一歩進めて、会社やお店のホームページと社長や店長の日記との融合を目指します。
 
 そのためにはホームページと日記部分のデザインや操作メニューが一体になっている事、ホームページ自体も店長やスタッフがホームページ業者や情報システム屋の手を借りずに独自にこまめに更新できる事、日記(ブログ)紹介した商品をそのまま、買物カゴ(カート)に追加して買い物できたり、予約できたりと連動できる事など様々な工夫が必要になります。

さて、御社のホームページはビジネスブログにしてみてはいかがでしょう?店長日記を一生懸命書いているのに成果に結びつかないと困ってはいないでしょうか?

 ぜひ、御社のホームページを見せて下さい。そして相談に乗らせて下さい。もちろん、これからホームページを立ち上げるという方もせっかくですから、この機会に、ビジネスブログから初めてみてはいかがでしょう?
 お問い合わせはこちらからお願いします。お待ちしております。

 

     
     
     
     
     
     
 


問い合わせの際のご注意:
 ・初めての問い合わせのお電話は平日10:00-17:00にお願いします。
 ・マナーモード、話し中等の場合は「留守電」に録音お願いします。
 ・番号非通知での着信には出ない場合があります。必ず番号通知にてお願いします。(電話番号先頭に186など)